安くてお得なオススメのライフルスコープ ANS Optical 3-9 x 40mm Pro

スポンサーリンク
光学機器

以前に安価なスコープをいろいろいじってきました。

チープ・スコープ・トライアル

チープ・スコープ・トライアル(お手頃価格のスコープ比較)
中古を含め安く手に入れたライフルスコープを集めてゆるく比較をしてみました。おすすめのモデルなどを紹介しています。

今回は前から気になっていたコスパが良くて定評があるANS Optical 3−9x40mm Proを紹介したいと思います。
スナイパーライフルだけでなくアサルトライフルにもオススメの1本です。

ANS Optical 3-9 x 40mm Pro セット内容

スコープ
マウントリング
レンズキャップ
キルフラッシュ

【Amazon.co.jp限定】ANS Optical ライフルスコープ 3-9 x 40mm Pro 可変ズーム ハイエンドモデル シーグリーンコート バトラーキャップ 2,480円相当 キルフラッシュ付

マウントリングはハイタイプで様々な銃に合わせやすいといえます。
20mmレールがあるエアガンなら取り付け可能です。
レンズキャップだけでなく、キルフラッシュ(網目状の部品)も付属します。
キルフラッシュは元来スコープの反射で相手に悟られないためのカスタムパーツですが、エアガンにおいてはレンズの保護にも役立っています。
スコープに弾が当たってもキルフラッシュだけの損傷で済むので多少視界が暗くなっても着けておきたいアイテムです。

ANS 3−9×40 ライフルスコープ 新旧の比較。手前が新型

倍率は3倍〜9倍でパワーダイヤルはほどよいかたさで回しやすいです。

ANS 3−9×40 ライフルスコープ 左が新型

ANS 3−9×40 ライフルスコープ 奥が新型

ウィンデージ、エレベーションのキャップが無くなり、もちろん工具も不要。
手軽に調整できるようになりました。

キャップは旧型のものに比べてしっかりとしたものになっています。
バネで後ろまで跳ね上がるので開ける時が気持ちいいです。
サバゲーではキャップがスコープから外れにくくなったのが良いと思います。
家での保管ではエアガンを立てかけた時にどうしてもレンズにホコリがつくためレンズキャップはあった方が良いです。

ANS 3−9×40 ライフルスコープ 右が新型

青系のコーティングからグリーン系のコーティングに。
旧型のキャップは頂点で止まるため邪魔に感じることもありました。

ANS 3−9×40 ライフルスコープ 左が新型

ANS 3−9×40 対物レンズ

レティクルはレンジファインダーのあるタイプ。
新型になりコーティングが変わり明るくなっています。

キルフラッシュ、バトラーキャップ、マウントリングをそれぞれスコープのために用意すると安価なスコープが買えてしまう価格になってしまいます。
これだけ付属品が多くても価格は手頃。
ANS Opticalのライフルスコープはもともとコスパ重視のスコープとして定評がありましたが、モデルチェンジでよりハイバリューなスコープになりました。
最初にライフルへ載せるスコープとしてはオススメの一本といえます。

安くスコープを買って、浮いたお金でバイポッドを買ってもいいかもしれませんね。

また、今回紹介したスコープよりも低倍率が良いという方は、もう少しお金を掛けてベクターオプティクスというブランドのスコープもおすすめです。
近年のサバゲーのニーズを反映したかなりいいモデルに仕上がっています。ぜひ検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました